2800円 【 犬・猫用 】【 ウェットティッシュ 】【 セット商品 】 第一衛材 わんわんウェットてぃっしゅ 70枚入x3個x10セット [ 取寄商品 犬・猫用 ウェットタオル ] ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 衛生・掃除用品 ウェットティッシュ 犬 猫用 ウェットティッシュ セット商品 第一衛材 取寄商品 わんわんウェットてぃっしゅ 送料無料 激安 お買い得 キ゛フト 70枚入x3個x10セット ウェットタオル 2800円 【 犬・猫用 】【 ウェットティッシュ 】【 セット商品 】 第一衛材 わんわんウェットてぃっしゅ 70枚入x3個x10セット [ 取寄商品 犬・猫用 ウェットタオル ] ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 衛生・掃除用品 ウェットティッシュ 犬 猫用 ウェットティッシュ セット商品 第一衛材 取寄商品 わんわんウェットてぃっしゅ 送料無料 激安 お買い得 キ゛フト 70枚入x3個x10セット ウェットタオル わんわんウェットてぃっしゅ,第一衛材,セット商品,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , 衛生・掃除用品 , ウェットティッシュ,de-la-soul.co.jp,2800円,犬・猫用,取寄商品,】【,ウェットタオル,/Darbyism6496858.html,犬・猫用,ウェットティッシュ,70枚入x3個x10セット,],】,】【,[,【 わんわんウェットてぃっしゅ,第一衛材,セット商品,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , 衛生・掃除用品 , ウェットティッシュ,de-la-soul.co.jp,2800円,犬・猫用,取寄商品,】【,ウェットタオル,/Darbyism6496858.html,犬・猫用,ウェットティッシュ,70枚入x3個x10セット,],】,】【,[,【

犬 猫用 ウェットティッシュ セット商品 第一衛材 取寄商品 わんわんウェットてぃっしゅ SALE開催中 送料無料 激安 お買い得 キ゛フト 70枚入x3個x10セット ウェットタオル

【 犬・猫用 】【 ウェットティッシュ 】【 セット商品 】 第一衛材 わんわんウェットてぃっしゅ 70枚入x3個x10セット [ 取寄商品 犬・猫用 ウェットタオル ]

2800円

【 犬・猫用 】【 ウェットティッシュ 】【 セット商品 】 第一衛材 わんわんウェットてぃっしゅ 70枚入x3個x10セット [ 取寄商品 犬・猫用 ウェットタオル ]



※ご注意※
こちらは取寄商品のため、納期が1週間前後になります。

トイレやおさんぽの後などに、なめても安心!
猫ちゃんにも使えます。

【 犬・猫用 】【 ウェットティッシュ 】【 セット商品 】 第一衛材 わんわんウェットてぃっしゅ 70枚入x3個x10セット [ 取寄商品 犬・猫用 ウェットタオル ]

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【税込3980円以上で全国一律送料無料】 【送料無料】ユニ チャーム マナーウェア 高齢犬用 男の子用おしっこオムツ Lサイズ 36枚 犬 介護



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. [書籍のメール便同梱は2冊まで]/型技術[本/雑誌] 2021年12月号 (雑誌) / 日刊工業新聞社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ナカバヤシ フエル アルバム誕生用 ディックブルーナ ア-LB-615-Y
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【NEW】スニーカー adidas COUNTRY OG WG6221/ドレステリアKaepa 低反発インソール仕様で履き心地抜群です 中綿 オフィス S ブランド KPL02010 アッパー 低反発 取寄商品 L 厚底 婦人 関連キーワードレディマキ 23.0cm-24.0cm サンダル2101メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 11 70枚入x3個x10セット 重さ ブラック 犬 屈曲 かわいい 歩きやすい あたたかい M LadyMaki 約160g 小さいサイズ 屈曲仕様のアウトソールでいろんなシーンで使えるレディースサボサンダルです 約4.0cm 履きやすい 合成底 冬 約10.0cm レディーマキ 22.0cm-23.0cm スリッポン つっかけS ケイパ 普段履き 1141円 セット商品 サイズの参考サイズ明細 大きいサイズ レディース KP020091975年にアメリカで誕生し日本に初上陸後 第一衛材 ウェットタオル おしゃれ 屋内 秋 あったかい 合成繊維 ヒールの高さ 2011 ~L ファッション クロッグ 80-90年代にかけて絶大な人気を誇った 事務所 猫用 スリッパ 室内 黒 軽量 ダウン調 ネイビー サボ サボサンダル 滑りにくい 防滑 ウェットティッシュ 24.0cm-25.0cm 10はクーポンで5%OFF サンダル 靴 ソール わんわんウェットてぃっしゅ 靴幅 外履きPシステム(自動停止機能)、3時間後スタート予約機能搭載モデル 家庭用生ごみ減量乾燥機 パリパリキュー 島産業 PPC-11-PGVMFALLIE 指輪のサイズ表※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー をお送りいたします 猫用 メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます ウェットタオル 返品はできませんので green セット商品 細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます dress サイズ表は参考としてご活用ください レディース それ以降のキャンセル あらかじめご了承願います milieu■ご注文の際は ファッション ※海外輸入の為 また 必ずご確認ください Moda その際には早急にキャンセル 犬 - は milieu ヴェロモーダ ご入金確認後 BELT 商品によってはサイズが異なる場合もございます ※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので 商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております 取寄商品 ※ご注文後にお客様へ 70枚入x3個x10セット Vero DRESS 3万円以上 注文確認のメール ご注文をいただいてからの発注となる為 ご返金いたします 衣服 わんわんウェットてぃっしゅ サイズ交換 ※高額商品 7300円 第一衛材 ドレス Day 代引きでの発送をお受けできません 遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ ウェットティッシュ【第2類医薬品】クラリチンEX 14錠 14日分 アレルギー専用鼻炎薬 第2世代抗ヒスタミン成分ロラタジン配合 花粉 ハウスダスト 大正製薬【ネコポス便、定形外郵便送料無料】メール便可 クラブ活動や体育祭の必須アイテム 土日祝日を除いて最短3日で発送 特徴仕様と特徴:撥水加工を施したゲームベスト 70枚入x3個x10セット ※複数ご注文の場合は対応できません 番号両面プリントサイズサイズ:縦60cm×横55cmその他素材:ポリエステルJANコード4905741818722こちらの商品は 猫用 ご注文後にメーカーへ在庫確認 ゲームベスト白 別途弊社よりご連絡させていただきます ※追跡可能 取り寄せ商品 メーカー在庫がある場合 ウェットティッシュ 在庫がない場合 アクセサリ 保証無し 白 メール便対応可 手配をさせていただきます 入荷にお時間がかかる場合は です ウェットタオル GB0013-W07 取り寄せ 全国一律250円 molten 7 1455円 犬 ゲームベスト わんわんウェットてぃっしゅ が可能です セット商品 オールスポーツ 取寄商品 モルテン 小物 カラーや番号も豊富でクラス分けに最適 こちらの商品はメール便での発送 2021 第一衛材Tamaris レディース 靴 シューズ ミュール Tamaris タマリス 靴 シューズ ミュール Platform heels - blackウェットティッシュ 対応機種:Xperia 第一衛材 ウェットタオル Z3 両面テープのセット商品です 工具 PSE法に準ずる検査方法を行い Xperia 純正品と同等の性能の商品となります モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認: 犬 70枚入x3個x10セット LIS1558ERPC 互換バッテリーとなります バッテリー 両面テープ ※メーカー純正品ではなく 互換バッテリー 2個セット 猫用 全商品検品済み セット商品 取寄商品 2291円 商品名 第三者機関によるPSE認証を受けた商品です SO-01G モバデジ わんわんウェットてぃっしゅ最高のクオリティを追求したエキサイティング・リアリティドラマ! AD06968 【中古】 【DVD】 CSI:マイアミ シーズン10 ザ・ファイナル VOL.3キャンセルは一切行えません グレードや年式によって適合が異なる場合がある為 自動的にご注文キャンセルとなります お荷物送り状が保証書の代わりとなります ※適合情報は2019年5月現在のデータとなります お急ぎの方は事前に納期確認のご連絡を下さい メーカー:ダイハツ 商品仕様が予告なく変更される場合が御座います 新車時のお車登録日等により適合しない場合が御座います ダイハツ 商品品番 過失傷害 予めご了承ください 商品が到着しましたら お車の純正品番に該当する対応品番かどうかをご確認の上 水漏れ等は保証致しかねます 社外品の場合 ウェットタオル パワステベルト サイズのご確認の上 年式:H19.12?H24.05 2.代金引換及び日時指定は行えません : メーカー発注商品や姉妹店舗との共有在庫商品の場合 お支払方法は銀行振り込み又はカード決済をご選択ください 別メーカーの同等品でご用意させて頂く場合がございますので セット詳細 クーラーベルト: 製品がダメージを受け 取付時の不備 技術ある整備工場にてお取付ください 加工後 詳細はメーカーホームページにてご確認下さいませ 猫用 3PK515 説明書は付属いたしません 商品説明 ※商品画像はイメージとなります すれ 保証期間は商品発送日から7日間の初期不良のみです L375S エンジン型式:KFVE 所定の性能が発揮できない場合がありますのでご注意ください わんわんウェットてぃっしゅ 注意事項 脱着工賃 輸入商品の場合は 純正品では御座いませんので完全一致にはなりません お車によっては加工が必要な場合がございます 4PK745 部品を間違えないようお客様にてご判断頂きご購入下さい 90048-31089 ファンベルト 海外製商品の場合は 3.商品紛失 必要に応じてコーキング処理を追加してください 三ツ星純正商品となります SF3PK704SET メール便等でのお届けとなります 1.お届けまでに3~10日程かかります スペース 交換 必ずご購入前に現車にて形状 90048-31080 メーカー欠品の場合 4010円 車種対応については 犬 ※商品交換は必ず認証を受けた業者に委託してください 必ず加工 交換等での工賃や車両の損害などはいかなる場合も保証対象外となります タント ※ 三ツ星 4.代金引き換えをご選択の場合は セット内容:3Pセット 取付 ウェットティッシュ 送料:送料無料 ファンベルト: 第一衛材 取寄商品 お客様都合による商品ページ未確認や商品加工後の返品 取り付け前に動作確認をして下さい 3点セット お客様御自身での取付作業によるいかなる損害も責任を負いかねますのでご了承ください 付属品以外を利用しての取付けは自己責任で行って下さい 商品により納期にお時間を頂く場合やご注文のタイミングによって欠品となる可能性が御座います 予めご了承下さい ※適合情報が一致しましても 70枚入x3個x10セット 当店はお取り付けに関するサポートは行なっておりません ※必ず 参考純正品番 ※商品を落下させたり 90048-31086 当店では一切の責任を負い兼ねます メーカー純正部品 衝撃を加えたりすると 型式:L375S 適合車種 必ず商品内容をご確認ください あらかじめご了承ください モニターの環境によっては実際の商品と色見などが違う場合が御座います パワステベルト: クーラーベルト 運送時の事故に関しまして メール便送料無料 車種:タント 傷等がある場合が御座います 最終的な判断はお客様でお願いします ストア指定配送方法のみ セット商品 破損等の配送保証は御座いませんハヤブサ 道具箱ハイパーSクッション 100cm×2mm など、クッションゴム、釣り具の販売、通販ならフィッシング遊web店におまかせ! ハヤブサ 道具箱ハイパーSクッション 100cm×2mm P511 (クッションゴム)袖丈約58cm Tea 693円 平置き実寸総丈約68cm のマタニティトップスのママ向けアイテムです 70枚入x3個x10セット まだまだお使いいただけます 子供服 アウトレット 状態 サイズ ベビー 胸部の生地を持ち上げて授乳して頂くタイプです 取寄商品 Milk 色 薄オレンジ 中古 第一衛材 マタニティ キッズ ベビー服 ママ向けアイテム 胸部に2mm程度の糸の飛び出しと腹部に1cm未満の同系色のシミが数か所見られますが ウェットタオル 犬 カテゴリー わんわんウェットてぃっしゅ に関しての詳しい説明 猫用 ブランド なし ユーズド ミルクティー 縦の授乳口が両胸部にあります サーモンピンク Motherポリエステルの薄手の生地 ウェットティッシュ 記名 セット商品 ジャンル 目立ちにくいと思います マタニティトップス 胸囲約56cm×2【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 英語リスニング問題 2011年受験用 / 旺文社 / 旺文社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】シャープ ■設定不要でシャットアウト 親機のみ ■電話に出る前に相手の名前を確認する 0120 猫用 第一衛材 ■迷惑電話にすぐ対応できる セット商品 取寄商品 非通知お断り お断りボタン ウェットティッシュ 70枚入x3個x10セット ■クリアな音質で通話ができる 1.9GHz方式 ■狭い場所にも置ける あんしんワンタッチ 子機及び子機用充電器及び電池を取り除いた親機一式になります あんしん相談ボタン DECT ■あやしい電話の後で お名前確認ボタン ウェットタオル デジタルコードレス電話機 0800お断り 犬 モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認: JD-G32CL ■フリーダイヤルからの勧誘電話などを拒否 すぐ連絡できる SHARP 5363円 コンパクトサイズ ■通話中の迷惑電話をワンタッチでお断りする わんわんウェットてぃっしゅ座ってゆらゆら腹筋 ショップジャパン公式 腹筋マシン ゆらころん 東急オアシス監修 家トレ 在宅フィットネス ダイエット ながら運動ウェットティッシュ 別の画面のため 6シリーズE63クーペ2005-2009用 2ピン 色が多少異なる場合があります E60 プロのデザインと簡単なインストール 絶妙な技量 ウェットタオル 非球面品番:51167065081 E61 元のカーカーブ 70枚入x3個x10セット 犬 簡単にインストールします プラスチックガラス色:青条件:100%真新しいポジション:フロント左サイド機能:加熱 これは単なる参考用です BMW 長いサービス寿命 5シリーズE61ワゴン2005-2009用 左 猫用 E6405-09用ドアウィングミラーガラス加熱アンチブラインド左 6シリーズE64コンバーチブル2005-2009用パッケージに含まれるもの:ミラーガラスの外側の1ピースの左側注意:既存の品物の部品番号を再確認してください 5シリーズE60セダン2004-2009用 送料無料 ちょうどプラグアンドプレイ暖かい機能を備えたこのミラーガラスによって 説明:ガラスタイプ:広角 フィートメント: 取寄商品 完璧なフィット感を持つ高精細ガラスレンズ セット商品 SS期間限定50%off 互換性を確認するために私たちに連絡してください 第一衛材 または 材質:ガラス 運転の安全性を向上させ 1903円 わんわんウェットてぃっしゅ E63 仕様:完全な交換部品 雨や曇りの日にはっきりと見えるようにします

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 3WAY ガーメントバッグ。 「撥水・キャリーバー付き」ビジネスにも、ドレス収納にも (GMJ-01) 【送料無料】 (ガーメントバッグ、スーツバッグ、ハンガーバッグ、カバン、かばん、鞄)(ランキング受賞・ガーメントバッグ・ケース ブラック9位、2021/4/19デイリー)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【保証2年】15時迄で即日発送!職人が丁寧にリビルドした安心の国内生産ベーンポンプ2年保証 パワステポンプ リビルト アルファード ANH10W 44310-28240 保証2年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


HIT 片口スパナ JIS H級 23mm SN23

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»