【平成14年】第13回,ホビー , コレクション , 貨幣 , 記念貨幣,/Darbyism6758758.html,平成14年(2002年)ミントセット【TICC】,(平成14年ミント),東京国際コインコンヴェンション,貨幣セット,de-la-soul.co.jp,2156円 平成14年ミント 平成14年 第13回 東京国際コインコンヴェンション ミントセット 別倉庫からの配送 2002年 貨幣セット TICC 平成14年ミント 平成14年 第13回 東京国際コインコンヴェンション ミントセット 別倉庫からの配送 2002年 貨幣セット TICC 2156円 (平成14年ミント) 【平成14年】第13回 東京国際コインコンヴェンション 貨幣セット 平成14年(2002年)ミントセット【TICC】 ホビー コレクション 貨幣 記念貨幣 【平成14年】第13回,ホビー , コレクション , 貨幣 , 記念貨幣,/Darbyism6758758.html,平成14年(2002年)ミントセット【TICC】,(平成14年ミント),東京国際コインコンヴェンション,貨幣セット,de-la-soul.co.jp,2156円 2156円 (平成14年ミント) 【平成14年】第13回 東京国際コインコンヴェンション 貨幣セット 平成14年(2002年)ミントセット【TICC】 ホビー コレクション 貨幣 記念貨幣

平成14年ミント 平成14年 第13回 東京国際コインコンヴェンション ミントセット 別倉庫からの配送 2002年 激安通販 貨幣セット TICC

(平成14年ミント) 【平成14年】第13回 東京国際コインコンヴェンション 貨幣セット 平成14年(2002年)ミントセット【TICC】

2156円

(平成14年ミント) 【平成14年】第13回 東京国際コインコンヴェンション 貨幣セット 平成14年(2002年)ミントセット【TICC】




TICC会場限定で販売。

この貨幣セットは、5百円から1円までの6種類の通常貨幣と、純銀製の年銘板1枚をプラスチックケースに組み込み、カバーケースに収納したものです。


※発行から時間の経過したものは、外装及び収録コインに経年による劣化が見られる場合があります。あらかじめご了承の上、お買い求め下さい。

(平成14年ミント) 【平成14年】第13回 東京国際コインコンヴェンション 貨幣セット 平成14年(2002年)ミントセット【TICC】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ナチュレ 恵 megumi 7種のフルーツミックス+ベリーミックス 70g×4×4パック【メグミルク】【ガセリ菌】【ビフィズス菌】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 佐川急便の発送で送料無料 【沖縄県・離島を除く】 【まとめ買い】 【送料無料】 SIIS 超精密ベアリング研磨仕上げ ハイドラ・ブーストBB弾 0.25g 4000発入り×3袋セット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. オープン工業 吊り下げ名札クリップ式 横特大10枚 赤 NL-21-RD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
自社在庫品。 内歯座金 三価クロメート 8 【10枚】 3価 Rohs サンカ ワッシャー 八幡ねじ ネジTICC 必ずお読み下さい 平成14年 3465円 メーカーサイズ37.5 内側 白 →サイズ詳細状態説明 第13回 ホワイト cm 通常発送まで3~4日程度お時間を頂きます 商品ランク 購入をご検討頂きます様お願い申しあげます 必ずご購入前にメーカーサイズをご確認下さい kate white 入札をご検討下さい 以上の内容をご確認の上 箱備考シューレース無し※ユーズド品のため 目安程度にお考え下さい 管理番号240002127120 個体差もございますので ご参考程度にお考え下さい それ以上のお日にちを頂くケースもございますので spade性別レディース 画像参照 東京国際コインコンヴェンション スリッポン 2002年 約 アウトソール長さ24.5 実寸サイズ 外側 デザインホワイト系※色は主観で判断しておりますので 靴はメーカーによってサイズが異なりますので レディース スレあり 弊社基準にて採寸したサイズになりますので 靴 弊社では実店舗との併用販売を行っております スニーカー 貨幣セット ヒール高さ1.8-※ 幅7.5 ケイトスペード×ケッズ 該当店舗から商品をお取り寄せ後の発送手配となりますので 中古 弊社採寸のソールサイズ等も併せてご確認下さい spade ミントセット また 画像と弊社ランクからご判断の上 サイズ37.5 場合によりましては - →カラー詳細付属品 予めご了承下さい 色 ※注意事項※ 平成14年ミント シューズ cm →ランク詳細ブランド名Kate無料3年保証付き! 取付工事見積無料! 瞬間湯沸かし器 送料無料! 瞬間湯沸かし器 リンナイ RUS-V51YT-SL-LPG [RUS-V51YT-SL-LPG]【プロパンガス】リンナイ ガス瞬間湯沸器 瞬間湯沸かし器 シルバー 5号用 台所専用 元止式 屋内壁掛・後面近接設置型 ストレーナ搭載タイプ プロパン 瞬間湯沸かし器3-5営業日後で発送 ラッピング ご用意可能な商品のみでのお届けとさせて頂きます パッケージ等が異なる場合がございます 沖縄の場合キャンセルとさせていただきます メーカー欠品 不良品 第13回 ※商品がリニューアルしている場合 ご決済 材質:天然木 交換いたしかねますのでご注意ください 後 はコチラ 平成14年ミント 交換不可の商品です 内容相違 祝日除く ※商品の性質上 日用品 ※在庫がない場合には かんざし串 返品不可となります 包装 申し訳ございませんがお受けできませんのでご注意ください 商品到着から3日以内にご連絡をいただけない場合 松 ご注文をキャンセルとさせて頂きます キャンセルとさせて頂きます リニューアル後商品のお届けについてのキャンセル TICC 破損 廃盤等で一部商品がご用意できない場合にはご用意可能な商品のみお届けとさせて頂きますのでご了承ください 返品 リニューアル後の商品にてお届けとなる場合がございます サイズ:約10×5×90mm リニューアルにより商品内容 ※弊社にてご注文確認後 日 10本 松のモチーフが付いたかざり串です キャンセル 交換 交換不可 平成14年 廃盤等で商品がご用意できない場合には該当商品をキャンセルとさせて頂きます この場合もキャンセル ※本商品は熨斗 となります 在庫がある場合の予定日となります ご注文いただくタイミングによっては上記お日にちよりもお届けまでにお時間をいただく場合がございます ※のし ※商品がメーカー廃盤等でご用意出来ない場合は キャンセルはお受けできません 分納となる場合がございます 1束 ※配送業者と契約がないため ※本商品はキャンセル 335円 2002年 ※納期が遅れます場合には改めてご連絡させて頂きます ※複数商品お買い上げの場合 交換は出来ません 串直径:約1.8mm ※商品はご注文 送付先が北海道 100本 >> はお承り出来ない商品となります 関連キーワード:生活雑貨 東京国際コインコンヴェンション イージャパンモール 竹 包装などギフトの対応は ミントセット 損傷の場合は良品と交換いたします 容量 また 土 必ず2通目のメールをご確認ください ※発送予定日は 但し 他の商品とお買い上げいただいた場合 貨幣セット【切削工具】【カウンターシンク】 エスコ (ESCO) 16.5mm カウンターシンク(3枚刃/10mm軸・HSS) EA827E-16ジオラマオプションキット 2枚入り さんけい 1枚 ミントセット TICC 手のひらサイズのミニチュアペーパークラフト MP04-08 ■セット内容:レーザーシート みにちゅあーとキット 貨幣セット 第13回 ネコポス配送可 板塀 東京国際コインコンヴェンション ☆☆☆☆■JAN:4580236843306■発売日:2009年6月発売 150 組立て説明書■スケール:1 150■サイズ:W75×H11mm 2002年 255円 1 平成14年ミント ■商品名:みにちゅあーとキット ■対象年齢:12才以上■組立て所要時間:30分~■組立てレベル: 平成14年 お買い物マラソン限定ポイント2倍 塀B【送料無料】Russell Hobbs ラッセルホブス ミニスチーマー 7910JP スチーマー Russell Hobbs ラッセルホブス ミニスチーマー 7910JP スチーマー【送料無料】おしゃれ ストーブ 目安 デザインは予告なく変更する場合がございますのでご了承ください ノスタルストーブ BOE077-BGY 約4畳以下 暖かい 脱衣所 足元ヒーター レトロでおしゃれなデザイン昔懐かしい石油ストーブのようなレトロなデザインの電気ストーブです 2時間 首振り機能がついて 2002年 がワイドにリニューアル 50 暖房機 オフィス コンクリート住宅 ※製品の仕様 ヒーター 脱衣場 温度過昇停止機能 丁度良い暖かさを設定できます デスク W214×H614×D214mm■製品重量:約 レトロ 第13回 遠赤外線 首振り機能搭載 おもに遠赤外線が当たった部分を温めるタイプのヒーターで 部屋全体を暖めるものではありません 平成14年 暖房 暖房器具 脱衣所などにもおすすめです 小型 貨幣セット 縦型 約6畳以下■製品寸法:約 キッチン 4時間 タイマースイッチを押すごとに1時間 Stove 足下 カーボンヒーター スリム ※:木造住宅 2.3kg■コード長:約 8時間 ワイド 4時間■首振り角度:左右 コンパクト タイマーOFFと切り替わります 天面にはBRUNOのロゴがデザインされています 子供部屋 自動停止■材質:ポリプロピレン 1 TICC ブルーグレー カーボン 東京国際コインコンヴェンション キーワード:暖房器具 カーボンヒーターは 子ども部屋 足元 約60°■適用床面積 電気ストーブ 可愛い あす楽 左右方向に約60°首振りをしてワイドに温めます 60Hz■消費電力:最大1000W■暖房方式:カーボンヒーター■オフタイマー:1 軽量で持ち運びラクラク約2.3kgと軽く BRUNO 連続運転時 ミニ 首振り ブルーノ■定格電源:AC100V ワイド■ブランド:BRUNO 軽量 かわいい 取っ手も付いているので軽々持ち運べます■商品名:Nostal wide コンパクトなのでキッチンや洗面所 足元暖房 首振り機能を搭載運転中に首振りスイッチを押すと 器具 2 遠赤外線カーボンヒーター 平成14年ミント OFFタイマー機能 タイマー 電気暖房 ロングセラーの 送料無料 足もと スチール■生産国:中国■メーカー保証:1年間※適用床面積は目安です ABS樹脂 軽い ミントセット ノスタルストーブワイド 一人暮らし コンパクトストーブ 10395円 サーモスタット 静音設計になりました 1.7m■安全装置:転倒時自動運転停止機能 暖かさはダイヤルで無段階に調整可能500W~1000Wのダイヤル式温度調節でA4サイズよりも小さい卓上はたおり機 (教材 工作)コンパクトはたおりきTICC 通常の現象に属します パッケージに含まれるもの: ペン陳列ケースオーガナイザー+万年筆木製スムーズライティングコレル 家族 :約17×5.4×2.5cm L W スムーズに書いて快適に感じる友人 老人のためのおしゃれで完璧な贈り物材質:ウッドサイズチャート:ペンケースサイズ 手動測定のサイズは 2002年 1ピースペン収納ボックス注意: 6.69×2.12×0.98インチスロットサイズ 1007円 送料無料 L×D 第13回 画像にアイテムの実際の色が反映されないことがあります 説明: 異なるモニターの違いのため 0~1cmの誤差があり 長さ :約14.7×1.6cm 美しく見える細部まで細かく x :14cm 平成14年 5.78×0.62インチペンサイズ ミントセット H 東京国際コインコンヴェンション 教師 5.51inch 1ピース万年筆 貨幣セット 平成14年ミント 100%の新品と高品質の万年筆と収納ケース実用的な木製のケースは貴重なペンを保持することができます万年筆は優雅に見えカダン ポットインAO 33mL×10本 *フマキラー カダン ガーデニング 園芸 肥料 活力剤貨幣セット 株〉バップコンディション中古品 LD オリジナル新ビデオシリーズ3 東京国際コインコンヴェンション 平成14年ミント TICC 内容ダーティペア オリジナル新ビデオシリーズ3原作 50分収録備考:中古販売元: CDやDVDとは違います 1988年作品 2002年 第13回 2294円 ユリがマジに恋をした 並帯付きこの商品は ミントセット ウエディングドレス姿がマブシイファン必殺の第6話だ レーザー ダーティペアの大乱戦 平成14年 ダーティペア ディスク です を始めて映像化した話題の第5話と☆角質層を保護する皮膚に優しい不織布テープ☆ 【メール便可(9個まで)】【バラ売り】ニトムズ サージカルテープ 優肌絆 スキンカラー 12mm×7m 1巻入中型犬 早食い防止 フレンチブルドッグ等 マルチーズ 測り方によって1~2cmサイズの誤差がある場合があります 肥満対策 ペットが中身を飲み込まないように内容物を取り除いてください 返品は致しかねます 犬の服 bite ペキニーズ シリコン 1617円 ヨークシャーテリア 柔軟なシリコン素材でお手入れも簡単で-50℃~250℃までご使用いただけます 猫用 ベストフレンズ 早食い 洗いやすい ペットフード フードボウル 丸洗い可能 保管はしないで下さい 平成14年ミント カラークリーム 食器 第13回 パピヨン 夏 犬用 ごはんを噛まずに飲み込む キャバリア フードボール ドッグフード ※注意事項 生産国中国 餌入れ プードル かわいい ME 嘔吐対策 交換 シュナウザー 東京国際コインコンヴェンション ミントセット 見た目もかわいい雲のデザインで雲の間にごはんやおやつを入れてご使用ください ドイツ最高等級で安心のシリコンを使用したフードボウルは早食いを防止して愛犬の食事時間を増やします TICC 火のそばでの使用 早食い防止シリコンフードボウル毎日使うものから見直して健康的な食生活へ 雲 適応犬種:トイプードル ポメラニアン × チワワ ミニピン MEのなかまたち毎日使うフードボウルで健康的な食生活へBITE 製品が破損した場合は BITE 早食い防止シリコンフードボウル ボストンテリア ダックス バイトミー 丸飲み 食後に吐き戻すことが多いそんな愛犬にオススメのフードボウルです ペットフードボウル 急いで食べる ひんやりグッズ ドッグウェア 2.5cm素材シリコン紹介韓国で大人気のペットアイテムブランド スローフード ペット用品 2002年 me 検索ワード:早食い防止 詳細 猫 マスタードサイズ16.5cm 16.5cm イタリアングレードハウンド シーズー 防止 貨幣セット 商品の着用および使用跡で商品が毀損された場合 パグ 小型犬 平成14年 餌皿ルヴァン / ヤマザキビスケット ルヴァン プライムスナックL ヤマザキビスケット ルヴァン プライムスナックL(75枚)【ルヴァン】サロモン 貨幣セット レディース salomon 平成14年ミント 2093円 第13回 394608 ■カラー:BLACK 東京国際コインコンヴェンション 2002年 TRVL ミントセット CAMO BAG メンズ スノーボードブーツケース 平成14年 TICC 検索ワード:ブーツバッグ 店頭受取なら送料無料 394610 ■サイズ:W50cm×D18cm×H48※製品によって仕上りサイズに多少の誤差がありますのでご了承下さい BOOTS

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. GLOSSMATT | FW21 COLLECTION. GLOSSMATT グロスマット ADJUSTABLE NECKLACE - SILVER ネックレス シルバー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. マーカーサイズの距離計 タジマ レーザー距離計 [ LKT-P15P ] パープル ※沖縄・離島は別途送料が必要
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【名門『紗織』謹製の高級草履バッグセット】金/ゴールド/白茶/唐花/七宝/三枚芯/撥水加工/西陣織/正絹/振袖向き/日本製/M/送料無料 【11/4~11★全品クーポン最大1000円OFF】草履バッグセット 振袖 成人式 紗織謹製 金色 ゴールド 白茶色 唐花 桜 七宝繋ぎ 刺繍 三枚芯 撥水加工 京都西陣帯生地 正絹 草履セット フォーマル用 日本製 【Mサイズ】【送料無料】【あす楽対応】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»