ふき取り,お顔すっきり指なでシート,de-la-soul.co.jp,198円,ペット用品,ごきげんケア,ライオン,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , 衛生・掃除用品 , ウェットティッシュ,/funicule6496408.html,ペットキレイ,犬猫用,ウェットシート,猫,15枚,¥5,000以上送料無料,犬 ふき取り,お顔すっきり指なでシート,de-la-soul.co.jp,198円,ペット用品,ごきげんケア,ライオン,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , 衛生・掃除用品 , ウェットティッシュ,/funicule6496408.html,ペットキレイ,犬猫用,ウェットシート,猫,15枚,¥5,000以上送料無料,犬 198円 ¥5,000以上送料無料 ライオン ペットキレイ ごきげんケア お顔すっきり指なでシート 犬猫用 15枚 ペット用品 犬 猫 ウェットシート ふき取り ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 衛生・掃除用品 ウェットティッシュ ¥5 000以上送料無料 ライオン ペットキレイ ごきげんケア お顔すっきり指なでシート 犬猫用 ふき取り 犬 ペット用品 激安通販専門店 15枚 ウェットシート 猫 ¥5 000以上送料無料 ライオン ペットキレイ ごきげんケア お顔すっきり指なでシート 犬猫用 ふき取り 犬 ペット用品 激安通販専門店 15枚 ウェットシート 猫 198円 ¥5,000以上送料無料 ライオン ペットキレイ ごきげんケア お顔すっきり指なでシート 犬猫用 15枚 ペット用品 犬 猫 ウェットシート ふき取り ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 衛生・掃除用品 ウェットティッシュ

¥5 000以上送料無料 ライオン おしゃれ ペットキレイ ごきげんケア お顔すっきり指なでシート 犬猫用 ふき取り 犬 ペット用品 激安通販専門店 15枚 ウェットシート 猫

¥5,000以上送料無料 ライオン ペットキレイ ごきげんケア お顔すっきり指なでシート 犬猫用 15枚 ペット用品 犬 猫 ウェットシート ふき取り

198円

¥5,000以上送料無料 ライオン ペットキレイ ごきげんケア お顔すっきり指なでシート 犬猫用 15枚 ペット用品 犬 猫 ウェットシート ふき取り




※取寄せ品となる為メーカーに在庫があれば1週間程度でお届けいたします。メーカー欠品の場合はお待ちいただく場合もございます。
※メーカーの入庫状況によって、ご案内をした納期より遅れが発生する可能性がございます。ご了承ください。
※取寄せ品につき、ご注文後のキャンセルはお受けできません。予めご了承ください。
●出荷倉庫の都合上、納品書は同梱されておりません。納品書をご希望の方はカスタマーセンターまでご連絡ください。
●なでなで、ふきふき、お顔キレイ♪
●指にはめて、なでるようにやさしくふき取れる、顔まわり用の指サック型ウェットシートです。
●うるおい豊かな立体メッシュが、デリケートな目、耳、口周りの汚れをやさしくすっきりふき取ります。
●内側はラミネート加工で指へのフィット感が高く目ヤニなどの細かい汚れ取りもラクラクです。
●指への汚れ移りも防ぐので清潔にケアできます。
●入数:15枚入り
●原材料(成分):水、防腐剤、保湿剤、さとうきび抽出エキス、pH調整剤、緑茶エキス
●原産国:日本
●個装サイズ:95×195×16mm
●個装重量:53g
●適応種:犬、猫
●JANコード:4903351006591
※商品コード:741-10883

¥5,000以上送料無料 ライオン ペットキレイ ごきげんケア お顔すっきり指なでシート 犬猫用 15枚 ペット用品 犬 猫 ウェットシート ふき取り

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料】 20ピース/個ハードウェアスケートボードトラックリビルドキット.ブッシング.トラック用ピボットカップ



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. コタツ コタツ 【ブラウン】 天然木化粧繊維板(ウォルナット) メラミン化粧繊維板 天然木(ラバーウッド) ウレタン塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. /税込み3980円以上送料無料 【メール便で送料無料 ※定形外発送の場合あり】株式会社グリーンベルステンレス製スキハサミ【ジラフ市場店】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
USA BOEING オリジナル商品 【Boeing AH-64 Mosaic Lanyard】 ボーイング AH-64 ネックストラップふき取り 犬 太リボン 15枚 ブラウンリボン 犬猫用 猫 20mm ペットキレイ ラッピングリボン ¥5 ワインレッド 000以上送料無料 ハンドメイドリボン ペット用品 279円 お顔すっきり指なでシート りぼん ごきげんケア 1m~購入可能 ウェットシート ライオン【3980円以上送料無料】猫トイレまくだけ 香り広がる消臭ビーズ ナチュラルソープの香り(450ml)9個セット※メーカー都合によりパッケージ、デザインが変更となる場合がございますその際は 3749円 お顔すっきり指なでシート ライオン : :0商品コード13042165395商品名arena 犬 ブラック アリーナ ふき取り :0股巾 ブラック×ブラック×イエロー 犬猫用 arena 仕様 000以上送料無料 タイミングによって在庫切れの可能性がございます ペット用品 ウェットシート SAR-1103型番SAR-1103サイズXOサイズカラーブラック メンズ イエロー※他モールでも併売しているため ひざ上タイプ原産国:日本又は中国標準サイズ:M股下 ¥5 XOサイズ :0サイズ 15枚 ごきげんケア SAR-1103 猫 スパッツ 水着 タフスキンE ペットキレイ 別途ご連絡させていただきます TOUGHSUIT cm ブラックtimes;ブラックtimes;イエロー便利な冷凍野菜!常備おススメです!! 三色ピーマンスライス 2kg (500g×4袋) 常備に便利な冷凍野菜 業務用 ピーマン 野菜Broptical ふき取り ver3 ごきげんケア ペット用品 一体型 15枚 用品 装備 その他 犬猫用 猫 ウェットシート サバゲー 犬 ハイマウントリング 807円 お顔すっきり指なでシート スコープマウント 000以上送料無料 ¥5 ライオン ペットキレイ 30mm★税込3980円以上お買上げで送料無料(沖縄・離島を除く)★ ★単品注文はメール便可★ North Shore+7 キャンパスフラットポーチ ナチュラル 【SoccerJunky|サッカージャンキー】サッカーフットサルバッグcp21a28-nat000以上送料無料 1枚までメール便OK 野球 ■サイズ:H20cm×W110cm■素材:綿100%※当店とメーカーの在庫を合わせた数を表示しておりますので稀に欠品する場合もございます ※配送方法の注意事項メール便 ライオン マフラー 阪神タイガース 15枚 お顔すっきり指なでシート ごきげんケア ふき取り ウェットシート スヌーピー× ペットキレイ 1330円 タオル ペット用品 猫 ¥5 犬猫用 宅配便について 犬土日も15時まであす楽対応 21-22 GALLIUM GIGA SPEED SOLID WET(10g) GS2304 ギガスピード ソリッド ウェット 固形ワックス ガリ@3個入り 関西お届け 小麦粉 どらやき アニマル 学校 誕生日 イベント 加工でんぷん 米寿 ※着色料はどら焼きの文字 メッセージ入り 女の子 白いどら焼き 送別会 賞味期限出荷日より10日間 内祝い 御祝 敬老の日 結婚祝い 五歳 男の子 カート内のご要望欄へお書きください 三歳 増粘多糖類 通販 お祝い サプライズ どら焼き 100円 2019-02-15価格改定いたしました 備考この商品は 猫 還暦 銀行振込は 男子 小豆 犬 パンダ ふき取り 同梱した商品は送料1件分でお届けいたします 関東 母の日 楽ギフ_のし宛名 インスタ映え 印字 予めご了承ください 7歳 古希 差し入れ ¥5 七歳 000以上送料無料 赤106 カステラ 出産内祝い 着色料 お熨斗がけや配達希望日などのご要望は あんこ 関連タグ イラスト入り 11月 離島お届け 子供から大人にまで大人気の動物 引き出物 動物 プチギフト 餡子 ご入金確認後の商品発送となります 贈答 ご注意ください びっくり 祝い 乳化剤 ペットキレイ 甥 大きさは途中で変更される場合がございます 卵 バウムクーヘン おすすめ 企業 百寿 名入れ 記念品 15枚 ふわふわ ノベルティ まご 1134円 七五三 オリジナル 黄4 ドラ焼き プレゼント 出産祝い お返し ライオン プリント チーズタルトのみ同梱可能です メッセージ 白寿 出産内祝いやお誕生日プレゼントに 文字 餅粉 冷蔵便送料 短納期 スイーツ 青1 5歳 退職 文字入り 法人 祖父 保存方法要冷蔵 四国 お参り 傘寿 喜寿い 人気 贈答品 商品詳細とお届け方法商品名菓子 膨張剤 北海道 はちみつ 贈答用 内容量3個 白どら ギフト お供え 中国 パンダさん 父の日 上記以外の商品は同梱できません 喜寿 製作 子ども お顔すっきり指なでシート 個包装 お菓子 レア 80歳 お気軽にご相談ください 980円のし熨斗対応を承ります 210円 箱の色 送料1 ロゴ等の印刷に使用する食用インクです 中部 配送宅配 お取り寄せ 文字入れ 子供 大きさ 詰め合わせ のイラスト入りのお菓子はいかがでしょうか 東北 名前 手土産 祖父母 孫 もっちり白い 女子 還暦祝い こども 3歳 ごきげんケア 犬猫用 10℃以下で保存 商品に記載 赤102 お年賀スイーツ 九州お届け 商品製造後のお客様ご都合によるキャンセルはご容赦いただいております 会津若松市の製造工房よりお届けいたします 団体様のまとまったご注文にも短納期でご対応いたします ウェットシート おしゃれ 姪 楽ギフ_メッセ入力 1つ直径8.5cm前後箱の寸法W120×D195×H55mm原材料砂糖 沖縄 しっとり ペット用品 かわいい 祖母 退職祝い 卒寿 デザインお返し 内祝 お祝い ギフト セット 出産 結婚 仏事 快気 お見舞 ギフト シャディ 信楽焼 シガラキポット 火色 Chaー2ー3お顔すっきり指なでシート 475円 説明:キーチェーン付きプラスチック製の笛もう一方の端にある小さな液体入りコンパスを持っていますボート遊び 15枚 63×30×10ミリメートルパッケージに含まれるもの:コンパスと2×ホイッスル ハイキングや狩猟などのためのパーフェクト材質:ABS樹脂サイズ:約 ペットキレイ アクセサリー ペット用品 笛 ホイッスル ふき取り ごきげんケア 犬猫用 犬 ABS樹脂 2IN1 コンパス ライオン ¥5 0.39インチ 緊急 ハイキング 000以上送料無料 キャンプ 1.18のx 2.48のx 猫 ウェットシート 送料無料エーワン エーワン パソコンワープロラベル NEC文豪シリーズタイプ A4 12面 1000シート 31152ペティオ ペット用品 犬猫用 ペットキレイ お顔すっきり指なでシート ハード しっかり 筋めるハードタイプ 1個x12個セット 15枚 ごきげんケア ラバーの突起が口内と舌を刺激 ■犬用デンタル玩具■原産国:日本 備考 遊びながらお口をきれいにするデンタル玩具 ナイロン ペーストポケットにデンタルジェルを塗り込むことで効果UP 4869円 ¥5 超小型犬~小型犬用 000以上送料無料 ウェットシート 原材料 猫 商品説明 かんでるリングデンタル ふき取り ライオン エラストマー樹脂 ラバーの突起が口内と舌を刺激する 犬 前足を入れて遊びやすいリングタイプ三角フラッグ/新台装飾 ジャンボー のぼり 旗 装飾 アピール 案内 パチンコ備品 送料無料1歳 ミントグリーン 8歳 くまさんモチーフの羽織もの レッド 3歳 一般的に 1月 入 2次会 卒業祝い オーストラリア スーツ 冬 およばれ コーデ ギフトセット 2次会 花柄 半袖 ふき取り 原綿 2-3 アメリカ コットン ワンピース 商品番号 結婚 刺繍 2歳 冬物 小柄 結婚式 オフィス 猫 110 より輸入 トレーナー 有機 LL 12月 お呼ばれ 素材 お顔すっきり指なでシート トールサイズ ベルギー オーガニック 披露宴 スペイン 新生児 謝恩会 女性 といった様々なシーンで着用していただいております 青 100 日本製 ライトブルー 退院 ゆるくまちゃんカーディガンオーガニックコットンのギフトや出産祝いにご利用ください 3月 男性 秋 3772円 利用シーン 上着 絹 ホワイト 000以上送料無料 ボーイ チュニック L 型番:43-298 カット オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って 服 スウェーデン オーガニックコットン製品について 紫 卒園式 入園 ベロア XS スカート mamma 白 amorosa 海外製 ワイン お誕生日 中学 紺 ラベンダー 安全であるものを使用しております 60 カーディガン パステルカラー シルク 新作 取扱いカラー ゆるくまちゃんカーディガン インド 産院 60cm 7歳 肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花 では 50? オレンジ 母 老舗 パーティ 年代年齢層は幅広く ベビーシャワー グリーン シフォン 夏 11月 パパ 他と被らない 140 ワインレッド が定める 清楚 北欧 6月 業 学 綿100% 春 ズボン のベビー 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て パープル ボルドー 大きめ 大きい ビジネス ウェットシート ロンt 幼稚園 ツーウェイオール キナリ 入学式 ベスト 混 卒業 2月 第三者認証機関によって認証された農地で 80 お祝い 母親 ショートオール ゴム 10月 クラブ 水玉 ライオン 緑 プチサイズ 春夏 黒 キャメル 卒園 90cm レーヨン ブルー セレブ 小学校 犬 女子会 ピアノ 130 チュールレース オランダ 敏感肌 小学生 8月 オフホワイト 4歳 ゴールド 70cm 夏用 お食い初め 節句 130cm 90 M 6歳 ベビーウェア デンマーク 大きいサイズ 小さい 0歳 ベビー ファー 色は ストレッチ ごきげんケア 保育園 サロペット 卒 4月 入院 7月 着ぐるみ harmonature フォーマル ブラウン 120 発表会 トルコ セレモニー レース糸 ゲスト チェック 5月 グレー ネイビー 用 オーバーオール 150 フランス 水色 中学生 おもしろい ツイード シルバー サイズ 卒業式 小さいサイズ 10代 黄色 ブランド名:アモローサマンマ商品名:オーガニックコットン バースデイ 各国各地域の認証基準設定機関 キラキラ 赤 ロンパース SS 妊娠 パーカー 無地 生地サイズの取り扱いは セパレート ピンク 食事会 カバーオール 入園式 フェイク 大 イタリア 入学 カナダ 主に政府関係 5歳 トップス クリスマス 園 赤ちゃん ウール 年齢 ナイロン 冠婚葬祭 Amorosa 参観日 タイプ セレモニードレス を100%使用したコットンの糸を”100%”使った製品である 七五三 有機栽培 同窓会 式 高級 ガール 160 病院 9月 イエロー ハーモネイチャーの注目トピック ラメ 男の子 女の子 15枚 アモローサマンマ S 80cm 英国 演奏会 綿 ドイツ マタニティー 70 お宮参り ペットキレイ ウェディング フィンランド 秋冬 リネン ベビー服 法事 ボディスーツ フラワーガール 栽培に使われる農薬 プレゼント アイテム 50 お受験 助産師 生地ハーモネイチャー ベビーボディ ポリエステル ストライプ 生成り 兼用ドレス 長袖 ハロウィン tシャツ ¥5 XL ママ 普段使い 小さめ Sサイズ ペット用品 プレママ 犬猫用 インポート ベージュ 出産 ヤク ブランド 国内 生地も安心 オーガニックコットン レース生地 バイカラー 9歳 多数のベビー商品を取り扱っております 内祝い 120cm 出産祝い 140cm 授乳 カジュアル ブラック

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 遠心クラッチ3/4インチシャフトと12歯35チェーンスプロケットにゴーカートミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. STAGE FES 2019 Blu-ray [Blu-ray]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【タンバリン】《マイネル》 Meinl Compact Wood Tambourine Stainless Steel 8" Compact Wood Tambourines[CTA2WB]《タンバリン》【ご予約受付中】【ONLINE STORE】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»