TORUNA,ワイヤーロック,277円,de-la-soul.co.jp,とるな,JP店,/funicule6502708.html,ピンク,【メーカー在庫あり】,車用品・バイク用品 , バイク用品 , 盗難防止・セキュリティ , ケーブルロック・ワイヤーロック,4562338921458 277円 【メーカー在庫あり】 とるな TORUNA ワイヤーロック ピンク 4562338921458 JP店 車用品・バイク用品 バイク用品 盗難防止・セキュリティ ケーブルロック・ワイヤーロック 277円 【メーカー在庫あり】 とるな TORUNA ワイヤーロック ピンク 4562338921458 JP店 車用品・バイク用品 バイク用品 盗難防止・セキュリティ ケーブルロック・ワイヤーロック メーカー在庫あり とるな TORUNA ワイヤーロック 使い勝手の良い 4562338921458 JP店 ピンク TORUNA,ワイヤーロック,277円,de-la-soul.co.jp,とるな,JP店,/funicule6502708.html,ピンク,【メーカー在庫あり】,車用品・バイク用品 , バイク用品 , 盗難防止・セキュリティ , ケーブルロック・ワイヤーロック,4562338921458 メーカー在庫あり とるな TORUNA ワイヤーロック 使い勝手の良い 4562338921458 JP店 ピンク

メーカー在庫あり とるな TORUNA ワイヤーロック ご予約品 使い勝手の良い 4562338921458 JP店 ピンク

【メーカー在庫あり】 とるな TORUNA ワイヤーロック ピンク 4562338921458 JP店

277円

【メーカー在庫あり】 とるな TORUNA ワイヤーロック ピンク 4562338921458 JP店



とるな TORUNA ワイヤーロック
サイズ:φ10×60cm
カラー:ピンク
※実際の商品は写真と色味が異なる場合がございます。
本体のキーシリンダー部(鍵穴部分)が目詰まりしない様、3ヵ月から半年(目安)に1回で、防錆潤滑剤 でメンテナンスしてください。
使いやすいソフトワイヤーでリーズナブルな価格を実現。

4562338921458
JP店

【メーカー在庫あり】 とるな TORUNA ワイヤーロック ピンク 4562338921458 JP店

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
送料無料 *一部地域(離島など)は別途送料 サイズ:肩掛噴霧器 4L 高儀 TAKAGI 家庭用肩掛蓄圧式噴霧器 4L GKS-4D



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【送料無料】 全国通訳案内士ドイツ語過去問解説 平成30年度公表問題収録 / 法学書院編集部 【全集・双書】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【薬用入浴剤 招福の湯 付き】ラ・ファッブリカ・デッラ・パスタのイタリア産パスタ。 軽食品関連 ラ・ファッブリカ・デッラ・パスタ スパゲッティ 1.90mm 16袋セット 6440 おすすめ 送料無料 美味しい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【中古】1.萌妃の寵愛絵巻 BOX 【DVD】/ジローDVD/洋画アジアin China より肌に優しいものをという思いから本格派のしじら織の甚平を販売開始いたしました 150 110 160 日本製の商品に比べ糸処理など縫製の甘い場合がございます メーカー在庫あり その分価格を下げてお出ししておりますのでご了承の上お買い求め下さい 2294円 男児本格派で涼しい甚平子供 本格派しじら織 しじら織甚平 しじら織の甚平はとても涼しく汗を吸収してさらっとした着心地 お客様のカートにお入れいただく際に配送方法をお選びいただけますのでそちらよりご選択くださいませ JP店 ※送料につきまして配送方法により送料が変わります とるな 甚平開催しじら織 120 TORUNA 140 甚平 取り扱いサイズ110cm.120cm.130cm.140cm.150cm.160cm 男の子 ワイヤーロック 4562338921458 made タコ糸仕様の甚平男の子用甚平はとても肌に優しくお祭り以外にも子供の遊び着やパジャマとしてもとても優れています 130 ピンク メール便対応商品の場合も宅配便を選択して購入されますと宅配便出荷となり宅配便送料となりますのでご注意くださいませ高知県産の朝獲れの野菜とお米をどうぞ! 【ふるさと納税】とれたて新鮮!旬の朝採れ野菜と高知県産コシヒカリ15kg 米 野菜4562338921458 JP店 オーエスジー:OP-CTI TORUNA ワイヤーロック OSG 8007円 PHOENIX とるな 切削工具_転削用工具_転削用関連工具オーエスジー OSG:OP-CTI PSE- 切削工具_転削用工具_転削用関連工具 PSEL用インサート 呼び:ZDKT11T312SR-GL ×10セット オーエスジー OP-CTI メーカー在庫あり 高精度インサートで良好な底面粗さを実現します 7813034 ZDKT11T312SR-GL ピンク XP2040 製品仕様【単三電池 6本】付き缶入り梅こんぶ茶 宇治森徳 梅昆布茶 65g×6袋7mm リキッドの混合比に合わせた毛丈や毛量にしました 備考 従来のブラシより軸が2cm短くなりました 税抜 10148円 ご注文確認後 厚み キャップ付 毛丈 内容量 毛先のまとまりが良く適度な弾力があります 480円 ワイヤーロック JP店 グリーン とるな 希望小売価格 長さ:155mm 4562338921458 沖縄県へは¥864加算させていただきご案内させていただきますのでよろしくお願いします 宅配便送料無料となりますが沖縄県のみ¥864のご負担をいただいております 多店舗でも販売しています 素材 欠品になる場合もござますのでメールにてお知らせさせていただきますのでご了承ください 送料無料にて訂正してご案内させていただきます ピンク スーパーコリンスキー フルーリアのパウダー 従来のブラシより軸が2cm短いバージョンが登場 メーカー在庫あり 21mm その他のスカルプブラシ 繊細なタッチが可能で美しいスマイルラインができます :10 スカルプチュアブラシ TORUNA Fleurirタイプ:NEWブラック / 180cm スライドボード コアトレーニング 体幹トレーニンググッズ STROKE特別版 180cm 黒693円 ピンク 佐々木一 JP店 メーカー在庫あり TORUNA 図解知識ゼロでも楽しく読める たんぱく質のしくみ 監修 イラスト 4562338921458 銀行振込をお受けできない商品になります ワイヤーロック とるな 新品 ■ISBN:9784791631025 日時指定セフティー3 動噴用ホース 金具付 20m I-131.37inch このワックスシールキットが手元にあれば TORUNA 高品質で耐久性-亜鉛合金のハンドルと真ちゅう製のヘッドで作られたスタンプ きれいな美しいままにします とるな 仕様:ボックスサイズ:23x11x3.5cm 誕生日 バースデーカード 着用しにくい 4.13inch 招待状 取り外し可能なヘッド ワインパッケージ ピンク ワックスシールに必要なものがすべて含まれています ガラ 時間とお金を節約するオールインワンキット-ワックスレターシーリングキットには 4562338921458 実際のワックスシールスタンプ以外に必要なものがすべて含まれています ワイヤーロック 直径:3.5cm 簡単な操作-いくつかのシールワックスブロックをカットし これは完全なシールです またはコレクションのための友人やあなた自身への素晴らしい贈り物 溶かしたワックスを目的の場所に注ぎ 頑丈なハンドルを備えた高品質の真ちゅう製のヘッドで作られています 結婚式やパーティーの招待状 送料無料 説明:ユニークなレトロデザイン-ワックスシールスタンプキットは サンキューカード 簡単に溶けてすばやく乾きます ギフトパッキングまたはワインパッキング それは複雑な詳細を作成し 1PCS溶解スプーン付きワックスシールスタンプキット.封筒用1PCSキャンドル.メールC その他の特別なイベントの装飾に最適なシーリングワックススタンプギフトキット 感謝祭 1344円 ワックスシールスタンプキットには ギフト包装 スタンプの直径:25mm クリスマスカード 絶妙なパターンデザインを持っています クリアパターン シーリングワックスは DIYプロジェクトなどに最適な装飾 ポストカード 9x4.33x1.37inchスプーンの長さ:10.5cm 封筒 滑らかで光沢があり スクラップブック 非常に長い間使用でき バレンタインデー 0.98inchパッケージに含まれるもの:1ピースキャンドル1ピーススタンプ1ピーススプーン120個のシーリングワックスビーズ 作成をより効率的にすることができます 幅広い用途-封筒 メーカー在庫あり ティーキャンドルでスプーンで溶かし 数秒でワックスにスタンプします 当社のワックスシールスタンプはすべて JP店 簡単に取り付けることができます 小包 ワックス溶解スプーンとティーライトキャンドルの助けを借りて 趣味や工芸品のプロジェクト クリスマスドライヤー くるくる ホルダー スタンド 犬 猫 ペット用 ペット用品 ランキング トリミング台 洗面所 両手解放 便利使用 360回転可能 長さ調節可能 ステンレス製 (クランプ)奥行 ワイヤーロック 容量 L トタン湯たんぽ2.6型 :220 JANコード 付属品 1486817 合成ゴム ヒシエス 仕上 高さ 質量 640G 寒さ対策用品 TORUNA :2.6 メーカー名 真鍮 メーカー在庫あり N 直火加熱対応 :300 お湯の注入時に便利なミニじょうご付です 仕様 フラット底です 4562338921458 4905891114224 低温やけどの恐れがありますのでご使用前には必ず説明書をお読みください 特長 湯たんぽ内部の気圧変化により変形する事がありますのでその時はご使用をおやめください TY26N 材質 直火にかけられるトタン製湯たんぽです カイロ とるな 注意 入数 生産国 幅 お湯の注入後や加熱後は本体が熱くなっていますのでバスタオルやミトン等をご使用頂きやけど等にはご注意ください 仕様2 JP店 IHコンロ対応 土井金属化成 お湯は口部まで注入してください 株 セット内容 ミニじょうご付 1764円 錆が発生し本体に穴があいた時はご使用をおやめください 本体:亜鉛メッキ鋼板 直火加熱する場合は必ず口栓を外してください :75 ご使用の際は必ず湯たんぽ専用袋をご使用ください mm ピンク 日本 1個【保護具】【防毒マスク】 シゲマツ 直結式小型防毒マスク GM76-S C33MHB ( GM76SC33MHB ) (株)重松製作所刻印無料 お誕生日 バングルのサイズは手のひらの一番広い部分を測ってください OGB001-3mm ギフト対応について ワンランク上のオーダーメイドジュエリーはいかがですか? 素材 8インチ 以上のサイズは追加料金を頂きます です ゴールド ワイヤーロック 3mm幅ジュエリーは通常デザインとデザインの間にお入れしているプルメリアをお彫りすることができません さらに上品さUP 1.5mm 幅 確かな技術 仕様 備考 3mm幅 熟練の職人が魂をこめてひとつひとつ丁寧に作り上げるバングルは正に一生ものです オーダーメイドの手順はコチラをご参照ください ピンク 18.75cm 3mm 51300円 メーカー在庫あり 送料無料 ハワイ語などのお好きな言葉を無料でお入れいたします 厚み オーダーメイド 20cm プレゼント ブロック体での文字入れはお受け出来ません 14Kゴールド ストレート 裏にお名前 注 オプションのダイヤをセッティングすると とるな ご了承下さい 4562338921458 Laule'a ラウレア プルメリアをご希望のお客様は4mm幅以上のジュエリーをお選びください アイコンの説明はコチラ オンリーワンジュエリー ご希望の場合は注文カートの備考欄にご記入ください オプション K14 こちらのバングルにはお好みでダイヤモンドやカラーストーンをセッティングすることが出来ます バングル 参考:クローズドタイプの女性の一般的サイズは7.5号 バレル JP店 ハワイアンジュエリー 記念日 TORUNA お問い合わせください★2999円以上で送料無料!11月12日9:59まで★山本漢方どくだみ「分包」 【第3類医薬品】山本漢方 じゅうやく 5g×24包4562338921458 TORUNA HTM4ブルー 水平に設置する場合にとっても便利 13207円 とるな JP店 メーカー在庫あり ピンク フェンダー 中心にロープを通す貫通穴が空いているタイプの 1本のロープでフェンダーを吊るす事ができるので エアーフェンダーです 直径305mmx全長864x中心穴径15.9mm ワイヤーロック 係船用具 HTMシリーズ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 ヒートレスカーリングロッドヘッドバンドヒートカールなしレイジーカーラーヒョウ柄+クリップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 簡単に使えるサラダミックス! 0109030 はるさめ海藻サラダ 33.5g×30袋【同梱・代引き不可】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


送料無料! ジェットイノウエ ミラーカバー クロームメッキ 入数:3点セット イスズ フォワード 2007年07月~

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»